ハインケス:「ユナイテッドは不運、アーセナルはトップだった」


---------------------------------------------------------------------------------------

CL8強に残らなかったのは偶然? 

バイエルン・ミュンヘンは、チャンピオンズリーグ(CL)ベスト16でアーセナルを破り、準々決勝に進出した。ユップ・ハインケス監督は、アーセナルに土壇場まで追い詰められての8強進出を果たし、イングランド勢の実力は落ちていないと主張している。

バイエルンは、CL決勝トーナメント1回戦ファーストレグ、敵地でアーセナルに3−1と勝利した。しかし、圧倒的に有利と見られていたホームでのセカンドレグは0−2で敗戦し、アウェーゴール差で辛くもベスト8に進んでいる。

ハインケス監督は、アーセナル相手に苦しめられたことを認めている。
「アーセナルは2ゴールを奪った。それからは決定的なチャンスを作らせなかったが、アーセナルは試合を支配していたし、我々より良かった。我々はいつものように試合をうまく支配できなかった」
「我々はこの試合から学ぶ。これでファンの過剰な称賛を断ち切ることもできるだろう。彼らはバイエルンが絶対に負けないと思い込んでいたからね」
今季のCLでは、ベスト8にイングランドのクラブが1つも残っていない。マンチェスター・ユナイテッドはベスト16で不可解な判定もありレアル・マドリーに
敗れ、マンチェスター・シティはグループステージで敗退している。アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督はCL敗退が決まった後、「これは大きな警告だ」
とプレミア勢の全滅に危機感をあらわにしていた。

しかし、ハインケス監督は今季のCLでイングランド勢が劣っていたわけではないとの見解を示している。
「(CLでは)いくつかのチームが上位に進めずに終わる。今回はそれがイングランドのチームだったということ。だが、我々はユナイテッドが不運だったことを認めなければいけない。それに、アーセナルはトップチームであることを証明した」
---------------------------------------------------------------------------------------
欧州チャンピオンリーグなんとか、バイエルン勝ちました。前日にバルサが準々決勝進出してたので、嫌な予感はしていたのですが、アーセナルは強かった。ニュースサイトでは、バイエルンが2軍の選手出してるみたいなコメントがありましたが、そんなことはないです。正直、現在のベストメンバー(けが人除く)での戦いでした。リーグ戦ではCLのために土曜の試合はダンテを休ませてたしね。

まあ、疲れのたまる時期ではあるのでしょうか、やはりCLとなるとどのチームも強敵なので、ちょっとしたことが失点につながりますね。
準々決勝の相手が気になりますが、正直なところ、ここまで残っているチームはどこも強いです。まあ、過去の苦い敗戦からバルサとは当たらないでほしいなあと思ってます。がんばれバイエルン!

欧州CL 準々決勝1stレグ FCB VS マンチェスターU


欧州CL 準々決勝1stレグ 
FCB  2−1 マンチェスターU
GOAL:ルーニー(2分)、リベリ(77分)、オリッチ(92分)



バイエルンサポーターの私からすると、大興奮の試合でしたね。
前半2分にいきなりゴールを決められたときは、へこみましたが、
なんと逆転勝利を収めました^^

結果からするとマンUのパフォーマンスが思ったより良くなかったことや
いきなりゴールを決められてバイエルンが奮起したということのかな。

前半の終わりからは、バイエルンペースで試合が進んでましたからね。
しかし、バイエルンの守備陣が安定していないのは、セカンドレグに向けて
憂慮する点なのではないかなと思ってます。

また、次はマンUのホームですしアウェーゴールを決められているバイエルン
としては、まったく油断できない試合となりそうですね。

ルーニーがでれないとしても、マンUはそれを補うだけの選手層が厚い
チームですしね。ファンデルサールの調子もよさそうなので、苦戦必死ですね。
とはいえ、バイエルンは引き分け狙いでいけるほど守備陣が安定してない
ので、攻めるしかないですね。

今週末はシャルケとの頂上対決がありますので、勝ってほしいです。

欧州CL決勝T 1回戦2ndレグ フィオレンティーナVSバイエルン


欧州CL決勝T 1回戦2ndレグ 
フィオレンティーナ 3−2 バイエルン
(2試合合計 4−4 アウェーゴール数によりバイエルン勝利)

試合自体は見れなかったのですが、バイエルンは辛くもベスト8に進出です。
1stのオフサイドゴールがまさかの決勝点となってしまいましたね。
フィオレンティーナ側からすれば、納得できないでしょうし、なんとも
後味の悪い結果となってしまいました。

この試合では、なんとアラバがCLデビューを飾ってます。
まだ17歳ですが、オーストリアのA代表にも名を連ねてるので、今後が
楽しみな選手ですね。

しかし、アラバを起用するあたり、どれだけサイドバックが居ないのかと
不安感が残る状態にあるのも事実ではないでしょうか。

欧州CL決勝T1回戦組み合わせ決定


欧州CL決勝T1回戦組み合わせ決定しましたね。
シュトゥットガルト 対 バルセロナ
オリンピアコス   対 ボルドー
インテル          対 チェルシー
バイエルン     対 フィオレンティーナ
CSKAモスクワ  対 セビージャ
リヨン        対 レアル・マドリー
ポルト       対 アーセナル
ミラン        対 マンチェスター・ユナイテッド


正直なところ、どことあたっても、厳しいのですが、最初から最悪のカードは
免れたかなと思ってます。
とはいえ、フィオレンティーナも強いんですけどね。
リヴァプールを倒してますから。
バルサやレアル、プレミア勢にあたるよりは、1回戦突破の可能性が
あるんじゃないかなあ。

勝負のポイントは、フィオレンティーナの堅守速攻にどう対応するかという点
なのかな。バイエルンは、ハイスピードのカウンターに弱い傾向があるので
心配な点ですね。特に右からのコーナーキッカーは最近、左SBの
バドシュトバーですので、コーナーキックからカウンターを受けると、
ちょっと厳しいかなあ。
バイエルンも好材料としては、2月には、リベリー、ロッベンも復帰してるし、
マリオゴメスもチームにフィットしてきた点ではないかなと思います。

CL1回戦が待ち遠しい気がしますが、
まずは今日の前期最終節をがんばってほしいなあ。

CL準決勝2stレグ チェルシー VS バルセロナ


CL準決勝2stレグ 
チェルシー 1−1 バルセロナ
2試合合計1−1(アウェイゴール数によりバルセロナが勝利)
Goal:9分エッシェン、93分イニエスタ(バ)

バルセロナがロスタイムに劇的な同点弾によって、決勝進出です。
チェルシーもエッシェンの素晴らしいゴールで先制したんですが、
最後にまさかの同点でしたね。

今回の試合に関しては、かなり審判のジャッジに問題があった気がします。
途中で2回くらいPKかと思うシーンがありましたがPKにならなかったし、バルサDFのアビダルへの一発レッドも不可解でした。
おそらくチェルシー、バルサの両方のサポーターが納得いかないんじゃないかな?
特にチェルシーファンは納得できないだろうと思った。

今回は、序盤に先制されたせいか、バルセロナの攻撃は精彩を欠いた
プレーが目立ちました。枠内シュートが同点弾の1本だけですしね。
とはいえ、調子の悪い選手を出しているはずはないと思うので、
それだけチェルシーのディフェンスがバルサを封じ込めていたという
ことなんでしょうね。

しかし、クラブ最高峰のCL準決勝なのにこれほど酷いジャッジを見たのは
今回が初めてな気がしました。審判が試合を壊したといっても
過言ではない気がします。
決勝はもっとレベルの高い審判を出場させて欲しいです。

攻撃サッカーを貫いたバルサ、敗れたとはいえ2試合通じてバルサの
攻撃をほぼ封じ込めていたチェルシーと両チーム共にとても
素晴らしいパフォーマンスを見せてくれたと思います。
マンUとバルサの決勝はまだなのですが、ある意味決勝戦とも言える
好試合だったなあ。

ハイライト動画

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。