ルシオ、クリンスマン監督を擁護


----------------------------------------------------------------
バイエルンを率いるクリンスマン監督には、多くのプレッシャーがか
かっているが、DFルシオはクリンスマン監督のために、今シーズンの
ブンデスリーガのタイトルを獲得すると誓っている。
バイエルンは、残り6試合での逆転優勝を目指すことになるが、ルシオ
は『Tageszeitung』で、ファンにもチームに対するサポートを求めている。
「もしリーグを勝ち取れれば、それは監督のためでもある」
「もちろん、クリンスマン出て行けと言う声には、傷つけられている。
もし私がファンであれば、それには加わらないよ」
「私は、チームの状況に関係なく、ファンはシーズンを通してチームを
サポートすべきだと思っているよ」
「今、我々はシーズンの最も重要な時期にいる。そして今は、我々が最
もファンからのモチベーションを必要としている時期だ」
「(ビーレフェルト戦の1−0の)勝利は、我々のモラルのための勝利だった」
「この勝利で我々が戦うことを止めるつもりでないことが示せたと思
う。我々はまた勝てるようになってきている」<goal.comより転載>
----------------------------------------------------------------

バイエルンサポーターとしては、耳が痛い話ですが、たしかにその通り
だと思うルシオのコメントですね。
まだリーグ優勝を逃したわけではないですし、CLもベスト8までは、
勝ち進んだわけですからね。
就任一年目であり、戦術を大幅に変えたのでチーム戦術の浸透度も
まだまだなところがありますからね。

私自身、このところの試合を見ていて、クリンスマンの試合采配につい
ては、疑問を感じるのは確かです。リードされている試合でもあまり
戦術を変えないですし、試合中に選手に指示を出している様子がほとん
ど見られない(テレビ中継の写し方の問題もあるかもしれませんけどね)。

優勝できるに越したことはないのですが、1位から5位までが6ポイント
差しかない混戦模様の今期は、まず確実にCL出場をキープしてくれる
事を祈るしかないですね。今年は群雄割拠のリーグ戦となってますからね。

トニ・クロース 移籍後初ゴール^^


今年1月からレヴァークーゼンにレンタル移籍したトニ・クロースが
初ゴールを決めたようです。


第28節 ヴォルフブルグ 2−1 レヴァークーゼン
gole:23分グラフィテ(PK)、53分クロース、85分グラフィテ



27節に初めてフル出場を果たしたようでしたが、貢献が認められたのか
2試合連続のフル出場でした。しかも初ゴールを決めています。
バイエルンから移籍してからの情報があまりなかったのですが、
朗報ですね。

ブンデスリーガ第28節 ビーレフェルト VS バイエルン


ブンデスリーガ第28節
ビーレフェルト 0−1 バイエルン
goal:64分トーニ



首位のヴォルフブルグ追撃のために残り試合を負けられない状態ですが
なんとか勝ちましたね。相手も降格圏に近いため、激しい試合となりました。
FWの不足のためか、当初リベリーをセカンドトップとした4-4-2でしたが、
やはりリベリーは左サイドのほうが活躍しそうな感じですね。
今回は右サイドとしてソサが出場してました。動き自体は悪くないの
ですが、ソサがかなり中央よりにプレーしていたのが不満でしたね。
トップ下ではなく右サイドなんだから、もう少しサイドを切りあがって
欲しいなあと思いました。せっかく右サイドが手薄なのに中央より
なので、右サイドから崩せなかったですしね。後半にアルティントップが
ソサと交代すると右サイドからの崩しも目立つようになりましたけどね。
首位のヴォルフブルグが10連勝で首位をキープしていますが、なんとか
優勝したいですね。

ブンデスリーガ第27節 バイエルン VS フランクフルト


ブンデスリーガ第27節 
バイエルン 4−0 フランクフルト
ゴール: 1:0 リベリー (3.)、 2:0 トーニ (17.)、 3:0 ルシオ (36.)、
    4:0 シュヴァインシュタイガー (48.)

バルサ戦でのフラストレーションを晴らすかのように良い感じで
勝利でした。前半早々にリベリーのミドルで先制できたことも
戦いを有利したと思います。
後半にはブレーノも出場しましたが、まだ経験を積ませないと
CBとしては安定していないかなと思いました。

ハイライトを動画で紹介しますね。


ブンデスリーガ22節 ブレーメン VS FCB


ブンデスリーガ22節
ブレーメン VS FCB  0−0

正直勝てる試合だと思ってました。序盤から決定機を作り出してたし、
前半15分ごろに相手のセンターバックが退場したので、有利な展開だと
思いながら観戦してました。しかしゴールが遠い試合でした。

見終わったあとの感想は、負けなくてよかった〜という安堵感でしたね。
10人になったブレーメンと最後まで一進一退の攻防を繰り広げてました
し、あわや失点というシーンもありました。今回は、ブレーメンに脱帽
でしたね。後半は本当に10人かと思うほどの運動量で、数的不利をカバ
ーしてました。ブレーメン司令塔のディエゴが上手くタメをつくったり
してましたね、ビッククラブが注目するのも納得でした。

残念ながらバイエルンはリーグ5位となってしまいましたが、まだまだ
これからが勝負です。
朗報と言えば、アルティントップがスタメンでフル出場をしてた事と
思ったより4-5-1システムが機能したことですね。
5人のMFが流動的に動いて、ショートパスをでつないでいくってのは、
見ていてアーセナルのようなスタイルでした。残念ながらアーセナルほ
どのクオリティは見せれなかったですけどね。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。