ブンデスリーガ 第29節 シャルケ04 VS FCB


ブンデスリーガ 第29節 
シャルケ04 1−2 FCB
GOAL:0:1 リベリー (25.)、 0:2 ミュラー (26.)、 1:2 クラニー (31.)



シーズン終盤での頂上決戦。
バイエルンが何とか勝ったようですね・
仕事で見れなかったのが残念です。

これで1ポイント差ですが、バイエルンが首位に返り咲きました^^
このままマイスターシャーレ目指してがんばってほしいです。

今週はマンUとのCL準々決勝2stLegがあります。
気になるのは、シャルケ戦で負傷交代したファンブイテンですね。
間に合うといいのですが、気になるところです。

なんと今季はこの時期でもリーグ戦、カップ戦、CLと3冠の望みが
まだありますからね。楽しみです。

ブンスリーガ第18節 バイエルンVSホッフェンハイム


ブンスリーガ第18節 バイエルン 2−0 ホッフェンハイム
ゴール: 1:0 デミチェリス (35.)、2:0 クローゼ (86.)

後期開幕戦、バイエルンは白星スタートで始まりましたね。
前期終盤から好調でしたが、ウインターブレイクを経てすこし調子は落ちたのかな。

ようやくですが、クローゼがリーグ戦今季初ゴールでした。
ミロおめでとうって感じですね。

ゴメスは、今回はノーゴールでしたが、ウインターブレイク前のように、
後期も暴れてほしいですね。

移籍に関するニュースをひとつ、トニ・クロースが来期からバイエルンに
復帰するみたいですね。レヴァークーゼンで活躍してますから
期待しています。

心配なのは、今の4−3−3システムだと中盤のポジション争いが
激戦区ということですね。
ミュラーやシュバイニーにもがんばってほしいし、クロースも
バイエルンで活躍してほしいですからね。

コンテント、プロ契約終結


-------------------------------------------------------------------------
FCバイエルンは引き続き、クラブ育ちの若手に期待を寄せる。ホルガー・
バドシュトゥバーとトーマス・ミュラーがおよそ1年前にトップチーム昇格
したようにディエゴ・コンテントもプロ契約にサイン。同19歳DFは2011年
6月30日までドイツレコードマイスターでプレーすることになる。これで
彼はルイス・ファン・ハール監督のブンデスリーガメンバーの一員となる。

スポーツディレクターのクリスティアン・ネルリンガーは、「われわれが自
分たちのクラブで育てた選手、ディエゴ・コンテントをわれわれのトップ
チームに昇格させることができたことを喜んでいる」とコメント。
このほかにネルリンガーはすでにダヴィッド・アラバとメーメット・エキッチ
と話し合いがあったことも示唆。<FCB公式サイトより抜粋>
------------------------------------------------------------------------
昨年に続き、若手選手がトップ契約ですね。
ミュラーやバドシュトゥバーに続く感じで活躍してくれるといいなと思います。
とはいえ、コンテントはDFなので、今のスタメン陣からポジションを奪うのは、
まだまだ難しいかな。ラーム、ミーチョ、ファン・ヴイテンは不動だろうから、
バドシュトゥバーのバックアップといったところだろう。

さて、いよいよ本日夜に後期開幕戦が行われますね。
ホッフェンハイム戦ですが、まずは緒戦を勝って勢いに乗りたいですね。

FCB移籍情報


2010年になりましたね。冬の移籍市場で、さっそく移籍がありましたね。

レンタル移籍
 ルカ・トーニ(OUT FCB→ASローマ)
 ブレーノ(OUT FCB→ニュルンベルク)
 オットル(OUT FCB→ニュルンベルク)

トーニは、2年以上、チームに貢献してくれたしW杯もあるので、がんばってほしいですね。
ブレーノやオットルは、今の出場機会のなさを考えると、レンタル先で経験をつんで
成長して帰ってきてほしいですね。

トーニ、移籍金ゼロで獲得可能?


--------------------------------------------------------------------------
ルイス・ファン・ハール監督との衝突から、1月のマーケットで移籍が濃厚となっているバイエルン・ミュンヘンFWルカ・トーニ。クラブのヘーネスGMは20日、ドイツのテレビ『DSFドッペルパス』の中で、同選手の放出に際して移籍金を求めないこともいとわないことを明らかにした。

「必要ならば、我々は移籍金を求めない。我々はこの件を落ち着かせたいんだ。まだ具体的なオファーはない。我々はフリートランスファーでの移籍、あるいは無償レンタルでも良いと思っているがね」

南アフリカでのワールドカップに出場したいと願うトーニは、イタリア代表復帰を目指してコンスタントな出場機会を求めている。母国イタリアではインテルやローマ、ジェノアなどの関心が囁かれているが…?

--------------------------------------------------------------------------

goal.comのニュースですね。
ファンハール監督との衝突が取りざたされていますが、私は戦術的な問題だと思ってます。
今年は、4-3-3で、スピードタイプのFWを重視してますからね。
怪我で出遅れたのもルカトーニにとっては、痛手だったのかなあと。

今季は、怪我などもあり、あまり試合に出れていませんが、昨シーズンまでのルカトーニの
貢献は、非常に大きかったと思います。
このままでは、W杯に出れないかもしれないから、出場機会を求める気持ちもわかるしね。
バイエルンサポーターとしては、フロントは、トーニが不要だから移籍金ゼロではなく、
出場機会を増やしたいというトーニの希望をこの冬に実現させるための発言だと思いたいですね。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。