ロッベン、代表に感謝でクラブに不満


-------------------------------------------------------------------------------
 6日に行われたイタリア代表との国際親善試合に45分間出場したオランダ代表MFアリエン・ロッベンが、ルイス・ファン・ハール監督に感謝の言葉を残した。

 所属するバイエルン・ミュンヘンで負傷により約2カ月戦列離脱していたロッベンは、「起用してくれた監督に感謝したい」と笑顔を浮かべ、次のように続けた。

 「信頼をしてくれる監督の下でやるのは、本当に気分が良い。監督は常にサポートしてくれた」

 一方、ブンデスリーガでベンチ要員に降格していることについて、同選手は「自分のクラブではほとんどプレーしていない。不満な状況だ」と話した。

 これに対して、バイエルンのユップ・ハインケス監督は、「プレーしないたびに怒るのは意味がないこと」とドイツ『ビルト』にコメント。ロッベンの発言を気にしていない様子だ。
-------------------------------------------------------------------------------
おいおい、ついにロッベンが不満を言い始めましたか。怪我明けってこともあるけども、やはりチームのために貢献度っていうとミュラーのほうが高いですね。もちろんロッベンのドリブル突破はワールドクラスですし、それに助けられた試合も多いです。ただ、やはり周りの選手を活かすタイプのプレーヤーではないなあと私は思います。そこが監督が求めるものと違ってるのかなと思いますね。
この様子だと、今夏に移籍のニュースが飛び交いそうですね。貢献している選手だけに残留してほしいけど、悩ましいところですね。

バイエルン退団を示唆するペテルセン、「ペップの下でチャンスはないだろう」


バイエルン退団を示唆するペテルセン、「ペップの下でチャンスはないだろう」
----------------------------------------------------------------------------------
 ブレーメンFWニルス・ペテルセンは、ジョゼップ・グアルディオラ氏のバイエルン・ミュンヘン新監督就任で、完全移籍でバイエルンを離れることになると考えているようだ。
 バイエルンからブレーメンにレンタル移籍中のペテルセンは、今シーズンのブンデスリーガで9ゴールを決めている。しかし、夏にバイエルンを離れる可能性を示唆した。
 ドイツ『ビルト』にペテルセンは、「ペップ・グアルディオラにとって、ペテルセンは最も重要な選
手じゃない。ただマティアス・ザマーSD(スポーツディレクター)とコンタクトを取っている。今の3人のストライカー(マリオ・ゴメス、マリオ・マンジュ
キッチ、クラウディオ・ピサーロ)が残るなら、ミュンヘンにいる意味はない」と語っている。
 「ここで気持ちよくやれているし、ここで何を持っているか理解している。重要な存在だと感じられているよ」

----------------------------------------------------------------------------------
うーん、確かにぺテルセンが、バイエルンに戻ってもレギュラー確保は厳しいかもしれないですね。
今年は、マンジュキッチが大活躍しているので、マリオ・ゴメスもレギュラー確保できてないしなあ。
まあ、ゴメスは手術を受けたってのもあるのですが、マンジュキッチのスタートダッシュがすごかった。

昔からのファンとしては、できれば今季にCL優勝とリーグ優勝の2冠を達成してほしいなあ。
来期からベップが監督として指揮を執ります。ここ数年リーグ優勝からも遠ざかってるけど、
現時点でかなりバイエルンは、強くなってます。
ハインケス監督になってからのクロースの成長ぶりが著しいですからね^^

もっと寛大な心をもとうよ



バイエルンサポーター:「ノイアーを受け入れることはない」
テストマッチでブーイング
--------------------------------------------------------------------------------
バイエルン・ミュンヘンは、トレンティーノ選抜とプレシーズン最初のテストマッチを
行い、15−0と大勝を収めた。約4週間後に控える2011−12シーズンの開幕に
向け、好スタートを切った。

しかし、バイエルンの一部サポーターはある選手に厳しい批判を浴びせている。
今夏にシャルケから加入したドイツ代表GKマヌエル・ノイアーに対し、「お前は
良いセーブを見せるかもしれないが、オレたちがこのユニフォームを着たお前を
受け入れることはない」との横断幕を掲げた。ノイアーはこの試合に先発出場
していたが、ハーフタイムにハンス=イェルク・ブットと交代する際には、激しい
ブーイングが浴びせられていた。

バイエルンのサポーターがノイアーを認めないのは、ノイアーがかつてバイエルン
のレジェンドである元ドイツ代表GKオリバー・カーン氏のパフォーマンスを、バイ
エルンのサポーターの前で真似たためだという。08−09シーズンのバイエルン対
シャルケで勝利を収めた後、ノイアーはコーナーフラッグを抜いて倒れ込むという
パフォーマンスを見せた。これは00−01シーズンにカーン氏がタイトル獲得の
喜びを爆発させた際に見せたパフォーマンスと同じで、一部のサポーターはこの
一件以来、ノイアーを嫌っている模様だ。
------------------------------------------------------------------------------------

という記事をgoal.comで見つけました。正直なところ、いい加減に許してやろう
よ〜という感じですね。もう3年前のことなんだし、うちに来たんだからさあ〜。

クラフトを放出するリスクを負ってまで、獲得した選手ですし、能力に関しては
間違いないから頑張ってほしいですね。

 

今年は補強に力をいれてますね。


----------------------------------------------------------------------------------------
J・ボアテングがダメならG・ミリート?

バルセロナDFガブリエル・ミリートが、バイエルン・ミュンヘンへ
移籍する可能性が浮上した。ドイツ『ビルト』が伝えている。

バイエルンは、マンチェスター・シティDFイェロメ・ボアテングの
獲得に動いているところ。J・ボアテング本人もバイエルン移籍を
熱望しているが、シティの要求する移籍金にバイエルンが尻込み。
2000万ユーロの支払いに難色を示しているという。

そこで、600万ユーロ程度で獲得できると見込まれるG・ミリートが、
代替案として浮上したようだ。J・ボアテングが1250万ユーロ以下に
ならないのであれば、ターゲットをG・ミリートに切り替えるものと思われる。

G・ミリートのバルセロナとの契約は、残り1年。
バルセロナではベンチに座ることが多いため、今夏に移籍する可能性も
十分に考えられそうだ。
----------------------------------------------------------------------------------------

今シーズン、CL出場権が危なかった点や、来季のCL決勝がアリアンツアレーナ
だということもあって、今年は補強に力を入れてます。

今年はマイスターシャーレ奪還など頑張ってほしいです。

バイエルン監督:「残り4試合すべて勝つ」


--------------------------------------------------------------------------------
バイエルン・ミュンヘンは、ブンデスリーガ第30節レヴァークーゼン戦で5−1と
快勝を収めた。就任後初戦での勝利とあって、アンドリース・ヨンカー監督は胸を
なで下ろした様子だ。ドイツのメディアに勝利の心境を語っている。

試合は開始7分で、オウンゴールによって先制した。その後はハーフタイムまでに
3点を追加し、新指揮官は満足感を示している。
----------------------------------------------------------------------------------
新監督就任の初戦でしたが、上手くいきすぎてちょっと怖いです。
マリオゴメスのハットトリックなど大勝です。

心配性な私としては、のこり4試合でもこの攻撃力を維持できるのかが心配です。
しかし、勝ってもらわないとチャンピオンリーグ出場がありますからね。

頑張ってほしいものです。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。