シャチリがインテル移籍


シャチリがインテルに移籍してしまいましたね。
今季レンタルだけど、買取義務ありの契約なので、来期に完全移籍ですね。
正直なところ、残念な気がします。ロッベンの後釜として獲得したはずなのに、
ロッベンが絶好調といううれしい誤算のため、出場機会が限られてましたからね。
インテルでの躍進を期待します。

ほんとラームは、盤石だなあ


ラーム:「ドイツ代表でも中盤でプレーできる」

-------------------------------------------------------------------------------------------------

GOAL 2月26日(水)0時15分配信


バイエルン・ミュンヘンに所属するドイツ代表DFフィリップ・ラームは、今年6月に行われるワールドカップで、所属クラブでこなしている中盤でプレーすることも可能だと考えている。

サイドバックとしてバイエルンとドイツ代表で不動の地位を築いていたラーム。しかし、ジョゼップ・グアルディオラ監督の就任後、バイエルンでは中盤の底で定位置を確保している。

ドイツ代表は現在、MFサミ・ケディラ、イルカイ・ギュンドアン、スヴェン・ベンダーなどが負傷で戦列を離れている。ラームは『ビルト』でトニ・クロースと代表で共にボランチを務める可能性もあると認めている。

「僕たちはすでにダブルボランチで一緒にプレーしたことがある。でも、相手が深く引いて守っていたら、僕たちは多く動かなければいけない」

「すべてが選択肢になり得るよ。バイエルンでも、シーズン序盤にチアゴ(・アルカンタラ)がケガでいなかったから、トニとは一緒にプレーした。練習でも毎日一緒にやっているので、可能だろうね」
-------------------------------------------------------------------------------------------------

ほんとラームは、ユーティリティプレイヤーとして盤石ですね。正直、今季の初めにラームのボランチ起用を見たときは、難しいかなと思ってました。バスティやハビマルが離脱していて、チアゴでは心もとないので、ラームが急場しのぎかなと思ってました。

9月ごろになると、ラームアンカーで、中盤が攻撃に専念できるので有りかなと感じ始め、今では、異論なしな状態ですからね。
怪我せずに頑張ってほしいです。

バイエルン本拠地の紹介動画。


スタジアムの雰囲気が味わえる。いい感じの動画ですね。

バイエルンとしては、理想的な展開でした^^


ユベントスに快勝、B・ミュンヘンのハインケス監督「素晴らしい試合」 欧州CL
----------------------------------------------------------------------------------------
本拠地に詰め掛けた6万8千人の大歓声にも押され、バイエルン・ミュンヘンが快勝した。ハインケス監督は「イタリア王者を相手に、素晴らしい試合を見せられた」とご満悦だった。
 開始1分の先制点で勢いに乗った。敵陣からのプレスが機能し、終始主導権を握る。2点を奪ったうえ、相手には敵地での得点を許さない理想的な展開に、シュバインシュタイガーは「ユベントスはドイツでは見ない布陣だったが、うまく戦えた。無失点だったのもいい」と喜んだ。(共同)
----------------------------------------------------------------------------------------

バイエルンとしては、理想的な展開になりましたね。ホームで失点ゼロでの勝利。とはいうもののかなり運に助けられた感がありました。一点目は、本当にラッキーゴール(相手DFに当たって、ゴールに入る)でしたしね。その後も攻め続けてはいるのですが、点が奪えない状況でした。2点目は見方によっては、オフサイドかなと思われるところですね。マンジュキッチをフォローしたDFが残ってたと思いますが、審判によってはオフサイドとなってもおかしくない微妙なところだったと思います。懸念は、クロースが筋断裂による負傷交代したことですね。へたすると今季絶望の様子です。
そして何といっても、おのユヴェントスがこのままで終わるわけがない。セカンドレグでの逆転負けにならないように頑張ってもらわないといけませんね。

今週で優勝決めてほしい!


ブンデス、早くもタイトル決定の可能性

--------------------------------------------------------------------------------------

 ボルシア・ドルトムントのユルゲン・クロップ監督は、バイエルン・ミュンヘンのブンデスリーガ優勝を少しでも遅らせたいと願っている。
 ブンデスリーガは26試合を消化し、バイエルンが勝ち点69で首位を独走している。2位ドルトムントとの勝ち点差は20も開いており、30日の第27節でバ
イエルンがハンブルガーSVを下し、ドルトムントがシュトゥットガルトに勝てなければ、7試合も残して早くもバイエルンの優勝が決定する。
 逆転優勝が現実的に不可能なのは、クロップ監督も認めている。だが、シュトゥットガルト戦で勝利し、ライバルが喜ぶ姿を見るのを先送りにしたいと望んでいる
のだ。同監督は『ルール・ナハリテン』で、「喜んで彼ら(の優勝)を祝うよ。でも、土曜じゃない。我々はシュトゥットガルトを倒したいからね」と語った。
 日本代表FW岡崎慎司とDF酒井高徳が所属するシュトゥットガルトは、バイエルンを後押しできるだろうか? クロップ監督は「シュトゥットガルトとの試合は常に激しいものとなる」と、警戒をあらわにしているが…。
--------------------------------------------------------------------------------------
今週決めてくれれば、2年ぶりのリーグ優勝!
振り返れば、長かったなあと思う。去年は3冠狙える位置にいながら、すべて準優勝。
ブンデスは、日本人選手が活躍してるクラブが多いのですが、やっぱりバイエルンに優勝してほしい。
がんばれ、バイエルン!!

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。