チェルシーに大打撃、2011年まで補強禁止


--------------------------------------------------------------------------
FIFAがチェルシーに1年半の補強活動禁止を言い渡した。FIFA公式HPで発表されている。

問題は2007年にランスから引き抜いたMFガエル・カクタの取引にあったようだ。ランスは契約
違反があったとして、チェルシーと選手に補償を求めて、FIFAに訴えていたところ。この訴えが
8月27日の会議で認められた。

これにより、チェルシーは次の2回の移籍市場であらゆる補強活動の禁止となる。さらに、13万
ユーロの補償金支払いを命じられた。また、カクタには78万ユーロの支払いと4カ月の出場停止
が言い渡されている。
-------------------------------------------------------------------------
チェルシーに思わぬ打撃ですね。補強できないってのはつらい。
まあ、アンチェロッティ監督なら現チームでうまくやれるんじゃないかと思います。
チェルシーのチーム層も厚いですからね。


リヴァプールVSアーセナル


リヴァプール 4−4 アーセナル
goal:36分アルシャビン(ア)、49分F・トーレス、56分ベナユン、
   67分アルシャビン(ア)、70分アルシャビン(ア)、
   72分F・トーレス、90分アルシャビン(ア)、93分べナユン

<動画ハイライト>


いやーとても見ごたえのある試合でしたね。プレミア屈指の両チームに
よる壮絶な点の取り合い。アーセナルとしては怪我人続出の中でよくぞ
ここまで頑張ったかなと思いました。

アーセナルのギャラス、今季絶望



アーセナルのギャラス、今季絶望
----------------------------------------------------------------
アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督は9日に、DFウィリアム・ギャ
ラスがシーズン残りを欠場することになったと明らかにした。ギャラス
はチャンピオンズリーグ準々決勝のビジャレアルとのファーストレグ
で、膝の靱帯を傷めた。
ビジャレアルとのセカンドレグはもちろん、18日にはFAカップ準決勝で
チェルシーと対戦、さらにリーグ戦では4位フィニッシュを目指すチー
ムにとって、シーズン終盤の重要な時期に経験豊富なセンターバックを
失うのは大きな痛手だ。
ヴェンゲル監督は、「ギャラスは回復が早い選手だが、それでも今季末
まで戻ることはないだろう。本当に打撃だが、ここで選手層の厚さがも
のを言うと思う」と話した。
また、ビジャレアル戦の序盤で負傷し退場したGKのマヌエル・アルムニ
アは3週間、左サイドバックのガエル・クリシーは腰を傷め2週間の離
脱となった。さらに、ロビン・ファン・ペルシーとエドゥアルドは金曜
日のフィットネステストに合格しないと週末のウィガンとのリーグ戦は
出場できない。
「火曜日の試合で3選手を失った。代わりの選手に頑張ってもらうこと
になるが、精神面でも強さが求められる。ここまでも負傷者が出たが、
我々はなんとかやってきたんだから」と話し、他の選手の奮起を期待した。
----------------------------------------------------------------

アーセナルは怪我人続出で大ピンチのようですね。
ギャラスが離脱しただけでなく、クリシーまでも離脱してますからね。
FWやMFは他にも有能な若手が多いので、ヴェンゲル監督なら上手く
まわせるとは思いますが、DFに関しては、特にサイドバックが厳しい
感じがします。

普段なら問題ないでしょうが、リーグ戦も終盤ですし、欧州CLも考える
と、ここで経験豊かな選手の離脱は厳しいですね。

バイエルンも怪我人などの結果、経験不足の選手を起用してあまり
良い結果を残せていませんから心配ですね。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。