バイエルン、敵地でアーセナル下して大きく前進


---------------------------------------------------------------------------------
 19日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦ファーストレグ、アーセナル対バイエルン・ミュンヘンの一戦は、3ー1でアウェーのバイエルンが先勝した。

週末のFAカップ5回戦で格下のブラックバーンに屈したことで厳しい批判を浴びているアーセナルは、ジルーを先発で起用せず、ウォルコットを最前線で起用。1列下に左からポドルスキ、ウィルシャー、カソルラが入った。モンレアルをCLで起用できない左サイドバックは、ヴェルメーレンが担当する形でスタートを切っている。

 開始直後、アーセナルは右サイドを2度崩した。フィニッシュに持ち込むことはできなかったものの、立ち上がりに良い攻撃を見せる。しかし、その雰囲気は長く続かなかった。
 7分、バイエルンは右サイドからミュラーがマイナスのクロスを入れると、ペナルティーアーク付近に飛び込んだクロースがダイレクトで右足のシュートを放ち、見事にゴールネットを揺らした。

 あっさりアウェーゴールを手にしたバイエルンは、落ち着いた試合展開でアーセナルにほとんどチャンスを与えない。すると、21分には追加点。ファン・ブイテンがCKに合わせると、強烈なヘディングシュートはGKの正面だったが、こぼれ球をミュラーが詰めて2ー0となった。
ホームでのファーストレグでいきなり2失点と厳しい状態になったアーセナルは、気持ちの面でも大きなダメージがあったようで、雑なプレーやファウルが目立つ。30分すぎあたりからは敵陣に入る時間が増えたが、バイエルンの守備を崩すシーンはほとんどない。34分にはセットプレーからメルテザッカーがボレーを狙うも、相手DFにブロックされた。バイエルンは45分、右サイドのラームが上げたピンポイントクロスにマンジュキッチが合わせたが、これは枠のわずか右。2ー0で折り返す。

 両チーム交代なしで迎えた後半、試合に大きな変化はない。しかし、55分にバイエルンの集中が一瞬緩み、アーセナルが反撃ののろしを上げる。アーセナルは右からCKのチャンスを得ると、ウィルシャーが中央に送った。前に出たGKノイアーはジャンプをせずにボールを見送ると、バイエルン守備陣も競らず、ペナルティーエリアでワンバウンド。ファーサイドのポドルスキが古巣相手に頭で押し込み、アーセナルが1点を返す。

 運もあって1点差としたアーセナルは、観客の後押しもあり、この得点を勢いにつなげる。2013年公式戦初失点となったバイエルンに対して、積極的な攻撃を仕掛けた。しかしバイエルンは63分にリベリを下げてロッベンを投入するなどして変化を加え、試合を落ち着かせようと試みた。アーセナルのヴェンゲル監督は、3枚の交代カードを一気に切ったFAカップ・ブラックバーン戦とほぼ同じ時間に勝負に出る。残り約20分というタイミングでラムジーとポドルスキを下げて、ロシツキとジルーが入った。

 すると、その直後にいきなり決定機。ロシツキの長いパスをウォルコットが右サイドで受け、中央にクロスを入れた。このボールにジルーが合わせたが、シュートはGKの正面に飛んでしまい、最高のチャンスを逃してしまう。

最大のピンチを無傷で乗り越えたバイエルンは、チャンスを逃さない。77分、ラームが抜群のオーバーラップで中央のロッベンからパスを引き出し、右サイドの深い位置からクロス。ゴール前へのグラウンダーのクロスにマンジュキッチが飛び込むと、ジャストミートはしなかったが、高く浮き上がったボールがそのままゴールに吸い込まれ、3つ目のアウェーゴールが入った。

セカンドレグに望みをつなげたいアーセナルは2点目を急ぐも、攻めきれない。結局、アウェーのバイエルンが3ー1で先勝した。
バイエルンホームでのセカンドレグは、3月13日に開催される。

---------------------------------------------------------------------------------
アウェイゴールを奪っての勝利なので、非常によかったです。
3点目はかなり運が良かった気もしますしね。

試合を見てて思ったは、バイエルンにとっては、運が味方した感じでしたね。
アーセナルが致命的なミスをしたとは思えない状態での失点が続いた気がします。

逆にバイエルンの失点は、マークが間に合わない状態での失点でしたので、改善の余地があるかなと思います。
今期は、ロッベンが周りを活かすプレーをしている感じがしますね。3点目のシーンなどは、
去年だったら間違いなく、カットインからシュートを打っていたんじゃないかな?

とはいえ、まだセカンドレグがあるので気が抜けません。
頑張れバイエルン!

アーセナル逆転勝利で、折り返し


CL決勝トーナメント1回戦ファーストレグ
アーセナル 2−1 バルセロナ
 [得点] 26分:ビジャ(バ)、78分:ファン・ペルシー、83分:アルシャヴィン

決勝T一回戦から注目のカードですが、ファーストレグはアーセナルに
軍配があがりましたね。バルサが調子を落としているというのもあるの
でしょうが、アーセナルの選手が良かったですね。

アーセナルも勝ったとはいえ、アウェーゴールをとられてますし、
次はバルサのホームでの戦いですから楽しみな試合となりそうです。
しかし、ウィルシャーの成長が著しいですね。やはり監督の手腕も
あるのかな。若手の成長ならバイエルンも負けませんよ〜。

バイエルンも来週インテルとの戦いがありますから、ぜひ勝ってほしいです。


バイエルン復帰を待つトニ・クロース


 

--------------------------------------------------------------------------
バイエルン・ミュンヘンは2009年1月に18カ月間のレンタルでMFトニ・クロースをレヴァークー
ゼンに貸し出していた。レヴァークーゼンに加入した同選手は、新天地のユニフォームを着て印象
的なパフォーマンスを披露している。

レンタル期間の満了が近づき、高い評価を受けるMFは今シーズン終了後に復帰するとみられて
いる。


「レヴァークーゼンで良いフィーリングを感じている。でもバイエルンでプレーするということは本当
にエキサイティングだ。ただバイエルンでレギュラーを得るための争いは本当に激しいだろうね」
と、トニ・クロースはドイツ『ビルト』で語った。


「ミュンヘンで成功することが僕のキャリアの次のステップだね。バイエルンに戻ることを本当に
楽しみにしているんだ。僕の将来に関する決定は、もうすぐ明らかになると思うよ」
--------------------------------------------------------------------------
確かに、中盤でのポジション争いは厳しいものがあるだろうけど、クロースにはがんばってほしい
ですね。レヴァークーゼンでの成長は、著しいものがありますからね。

将来を嘱望されている若手選手ですから、バイエルンに戻っても十分活躍できると
私は、信じてますね。


トーゴ代表バスが襲撃され、死傷者発生


-------------------------------------------------------------------------------------------------------
アフリカ・ネーションズカップの開幕を控えるトーゴ代表が、襲撃に遭ったようだ。
各メディアが伝えている。
報道によると、トーゴ代表を乗せたバスは、アンゴラのカビンダで襲われた模様。銃撃を受けたド
ライバーが死亡したほか、数人の関係者も打たれたという。その中には選手も含まれているよう
だ。
その一人は、ルーマニアのヴァスルイに所属するMFセルジュ・アカクポのようだ。クラブから以下
のような声明が出されている。

「アカクポは銃撃を受けて、重傷を負いました。現在の彼は危険を脱しております。アカクポは2
発の銃弾を受け、大量出血をしました。手術は無事成功しています」

また、グルノーブルMFアレクシス・ロマオのコメントを、イギリス『ガーディアン』が伝えている。
「誰もプレーしたいと思っていないのは事実だ。僕たちにはできないよ。多くの血が流れた。まず
は負傷者が回復することを考える」
「僕は元気だけど、選手たちは良くない状況だ。悪夢だったよ。僕たちはカビンダ北部の病院に
いる。彼ら(犯行グループ)はフードをかぶっていて、完全武装していた。僕たちはバスのシートの
下で、20分ほど身動きが取れなかったよ」

今回の件でトーゴ代表はアフリカ・ネーションズカップの延期などを打診する見込みだが、アフリカ
サッカー連盟は予定どおりの開催に向けて動いているようだ。
負傷者の情報については、これから詳細が明らかになっていくものと思われる。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------
ワールドカップ・イヤーに入ったばかりだというのに、いきなりの衝撃的なニュースですね。
W杯開催地の治安も悪くなるのかな。
まだ詳細はわかりませんが、選手に死者はでていないようですね。
怪我を負った選手がいるようですし、運転手も死亡しているので、続報が気になります。

ファギー:「昔マルディーニを獲得しようとした」


-------------------------------------------------------------------------------------------------------
  マンチェスター・ユナイテッドのサー・アレックス・ファーガソン監督が、かつて一度だけミランの伝説パオロ・マルディーニの獲得に動いたことがあると明らかにした。そのときは同選手の父親から完全に否定されて終わったようだ。
ファーガソン監督は、おそらく我々の世代で最も偉大なDFと契約できなかったことは、自身が達成できなかった夢の一つとして残っていると説明した。
イギリス『サン』によるとファーガソン監督は、「私は常にパオロに来てほしかった。だがそれは不可能だった」と語ったようだ。
「彼の父親と試合で会ったときに、君の息子をここに連れてくるためにはいくら必要なのかと言った」
「チェーザレは微笑みを浮かべて私に言ったよ。私の祖父はミランだった。私の父もミランだった。私はミランでプレーした。そして今、私の息子もミランだ、とね」
「それで終わった。このストーリーはもう終わったことだ」
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
やはりマルティーニ家のミラン愛はすごいんですね。
さすがにファギーもこういわれたら、引き下がるしかないですよね。
しかし、今のサッカー界では、なかなかひとつのクラブに居続けるのは、難しい時代に
なってきましたからね。アレックス君はどうなるんだろうなあ。
タグ:サッカー

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。