ファギー:「昔マルディーニを獲得しようとした」


-------------------------------------------------------------------------------------------------------
  マンチェスター・ユナイテッドのサー・アレックス・ファーガソン監督が、かつて一度だけミランの伝説パオロ・マルディーニの獲得に動いたことがあると明らかにした。そのときは同選手の父親から完全に否定されて終わったようだ。
ファーガソン監督は、おそらく我々の世代で最も偉大なDFと契約できなかったことは、自身が達成できなかった夢の一つとして残っていると説明した。
イギリス『サン』によるとファーガソン監督は、「私は常にパオロに来てほしかった。だがそれは不可能だった」と語ったようだ。
「彼の父親と試合で会ったときに、君の息子をここに連れてくるためにはいくら必要なのかと言った」
「チェーザレは微笑みを浮かべて私に言ったよ。私の祖父はミランだった。私の父もミランだった。私はミランでプレーした。そして今、私の息子もミランだ、とね」
「それで終わった。このストーリーはもう終わったことだ」
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
やはりマルティーニ家のミラン愛はすごいんですね。
さすがにファギーもこういわれたら、引き下がるしかないですよね。
しかし、今のサッカー界では、なかなかひとつのクラブに居続けるのは、難しい時代に
なってきましたからね。アレックス君はどうなるんだろうなあ。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
タグ:サッカー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。