バイエルン 選手移籍関係まとめ


しばらく更新してませんでしたが、再開です^^


移籍市場は、8月末までですが、ブンデスリーガは8月8日開催、
DFBカップ一回戦は8月2日の予定。
バイエルンにとって既に補強は完了といったところではないでしょうか。
とりあえず、バイエルンの移籍関係をとりまとめてみました〜♪

選手移籍情報
○加入選手(順不同、敬称略)
 ・マリオ・ゴメス(FW)←VfBシュトゥットガルト 
 ・イヴィチャ・オリッチ(FW)←ハンブルガーSV
 ・アナトリー・ティモシュチュク(MF)←ゼニト・サンクト・ペータースブルク
 ・ダニエル・プラニッチ(MF)←SCヘーレンフェーン
 ・アレクサンダー・バウムヨハン(MF)←ボルシア・メンヒェングラッドバッハ
 ・アンドレアス・ゲルリッツ(DF)←カールスルーアーSC
 ・エドソン・ブラーフハイト(DF)←FCトゥヴェンテ

○退団選手(順不同、敬称略)
 ・ウィリー・サニョル(DF)→引退
 ・ルーカス・ポドルスキー(FW)→FCケルン
 ・ゼ・ロベルト(MF)→ハンブルガーSV
 ・マッシモ・オッド(DF)→ACミラン

新加入7人、退団選手4人ですね。トップ昇格のバドシュトゥバーに加え、
サテライトのセネ(FW)も現在はトップチームに合流しているようです。

新監督のファン・ハール監督は4-4-2のダイヤモンド型を試していますね。
オランダ人なんで、やはり理想は4-3-3みたいですけどね。
パスサッカーという点では、昨年からクリンスマンの下で行っているので、
あまり変化はないのかな?
あとトップチームの選手が27人もいるのは、戦力の増強という点では
好ましいと思うんだけど、実際にはどうするんだろ?
ローテーション制をするにしても多いぞ(笑)
まあ、シーズン後半の過密日程のときには、良いと思うんだけどね。

移籍の噂がたえないリベリーは、このままなら残留と見ていいのかな?
正直なところリベリーは、代えのきかない重要選手ですからね〜、
手放してほしくはないです。

気になるのは、選手のコンディションですね。開幕まであと3週間ですから。
 ・シュバインスタイガー:膝の手術後、現在は基礎トレーニング中
 ・リベリー:膝の炎症が再発して、練習を途中で切り上げ
 ・ルシオ:コンフェデ杯出場のため、バカンス中。7月16日からチーム合流
 ・トニ:コンフェデ杯出場のため、バカンス中。7月16日からチーム合流

上記4選手が、まだチーム練習に参加できていないのが、ちょっと不安ですね。
ルシオやトニは、怪我ではないので安心ですが、新監督の下でチーム練習が
始まってるからなあ。

開幕序盤って、去年もチーム安定してなかったしなあ。
今年はぜひ、開幕からスタートダッシュしてほしいものです。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。