レアルはC・ロナウド獲得断念へ V・デルファールト加入会見で示唆


レアルはC・ロナウド獲得断念へ V・デルファールト加入会見で示唆
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080806-00000021-ism-socc
----------------------------------------------------------------
レアル・マドリー(スペイン)のラモン・カルデロン会長は現地時間5日、今夏の補強はオランダ代表MFラファエル・ファン・デルファールトで終了したと話し、マンチェスターU(イングランド)所属のポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド獲得断念を示唆した。ロイター通信が伝えている。
 ファン・デルファールトの加入会見で壇上に上がったカルデロン会長は、「ファン・デルファールトはプレーの質が高く、広い視野を備え、素晴らしいタレントを持った選手だ。現在の強いチームをさらに進化させる助けになってくれると確信している。彼は、この夏我々が最初にサインした選手だが、おそらくこれが最後の補強になるだろう」と語った。
今夏の移籍マーケットでは、レアルは早い段階からマンチェスターU所属のクリスティアーノ・ロナウド獲得に動いていた。史上最高額の移籍金まで用意していたものの、マンU側との交渉が難航。ついに獲得を断念し、今回の“終結宣言”となったと見られている。
----------------------------------------------------------------

カルチョメルカートでの狂想曲は、ようやく終焉なのかな。
レアル・マドリーとマンチェスター・ユナイテッドの間でのC.ロナウド
移籍をめぐる争いでR・マドリーが撤退のようです。
まあ、8月31日までどうなるか分からないですけどね。

この夏の移籍市場で一番注目の高かった話ですが、どうなんでしょうか。
自業自得ともいえるのでしょうが、C.ロナウドの評価を下げた今回の
移籍騒動ですね。マンUの合宿合流日に姿を見せずボイコットもしてい
たみたいですから、チーム内に不協和音でまくりでしょうね。
ギグスも暗に批判していましたからね。

今シーズンのC.ロナウドのプレーに期待ですね。批判を受けながらプレ
ーをするのか、それとも華麗なプレーで再びチームとサポーターの信頼
を取り戻せるのかどうかが見ものです。


にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。