バイエルン、敵地でアーセナル下して大きく前進


---------------------------------------------------------------------------------
 19日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦ファーストレグ、アーセナル対バイエルン・ミュンヘンの一戦は、3ー1でアウェーのバイエルンが先勝した。

週末のFAカップ5回戦で格下のブラックバーンに屈したことで厳しい批判を浴びているアーセナルは、ジルーを先発で起用せず、ウォルコットを最前線で起用。1列下に左からポドルスキ、ウィルシャー、カソルラが入った。モンレアルをCLで起用できない左サイドバックは、ヴェルメーレンが担当する形でスタートを切っている。

 開始直後、アーセナルは右サイドを2度崩した。フィニッシュに持ち込むことはできなかったものの、立ち上がりに良い攻撃を見せる。しかし、その雰囲気は長く続かなかった。
 7分、バイエルンは右サイドからミュラーがマイナスのクロスを入れると、ペナルティーアーク付近に飛び込んだクロースがダイレクトで右足のシュートを放ち、見事にゴールネットを揺らした。

 あっさりアウェーゴールを手にしたバイエルンは、落ち着いた試合展開でアーセナルにほとんどチャンスを与えない。すると、21分には追加点。ファン・ブイテンがCKに合わせると、強烈なヘディングシュートはGKの正面だったが、こぼれ球をミュラーが詰めて2ー0となった。
ホームでのファーストレグでいきなり2失点と厳しい状態になったアーセナルは、気持ちの面でも大きなダメージがあったようで、雑なプレーやファウルが目立つ。30分すぎあたりからは敵陣に入る時間が増えたが、バイエルンの守備を崩すシーンはほとんどない。34分にはセットプレーからメルテザッカーがボレーを狙うも、相手DFにブロックされた。バイエルンは45分、右サイドのラームが上げたピンポイントクロスにマンジュキッチが合わせたが、これは枠のわずか右。2ー0で折り返す。

 両チーム交代なしで迎えた後半、試合に大きな変化はない。しかし、55分にバイエルンの集中が一瞬緩み、アーセナルが反撃ののろしを上げる。アーセナルは右からCKのチャンスを得ると、ウィルシャーが中央に送った。前に出たGKノイアーはジャンプをせずにボールを見送ると、バイエルン守備陣も競らず、ペナルティーエリアでワンバウンド。ファーサイドのポドルスキが古巣相手に頭で押し込み、アーセナルが1点を返す。

 運もあって1点差としたアーセナルは、観客の後押しもあり、この得点を勢いにつなげる。2013年公式戦初失点となったバイエルンに対して、積極的な攻撃を仕掛けた。しかしバイエルンは63分にリベリを下げてロッベンを投入するなどして変化を加え、試合を落ち着かせようと試みた。アーセナルのヴェンゲル監督は、3枚の交代カードを一気に切ったFAカップ・ブラックバーン戦とほぼ同じ時間に勝負に出る。残り約20分というタイミングでラムジーとポドルスキを下げて、ロシツキとジルーが入った。

 すると、その直後にいきなり決定機。ロシツキの長いパスをウォルコットが右サイドで受け、中央にクロスを入れた。このボールにジルーが合わせたが、シュートはGKの正面に飛んでしまい、最高のチャンスを逃してしまう。

最大のピンチを無傷で乗り越えたバイエルンは、チャンスを逃さない。77分、ラームが抜群のオーバーラップで中央のロッベンからパスを引き出し、右サイドの深い位置からクロス。ゴール前へのグラウンダーのクロスにマンジュキッチが飛び込むと、ジャストミートはしなかったが、高く浮き上がったボールがそのままゴールに吸い込まれ、3つ目のアウェーゴールが入った。

セカンドレグに望みをつなげたいアーセナルは2点目を急ぐも、攻めきれない。結局、アウェーのバイエルンが3ー1で先勝した。
バイエルンホームでのセカンドレグは、3月13日に開催される。

---------------------------------------------------------------------------------
アウェイゴールを奪っての勝利なので、非常によかったです。
3点目はかなり運が良かった気もしますしね。

試合を見てて思ったは、バイエルンにとっては、運が味方した感じでしたね。
アーセナルが致命的なミスをしたとは思えない状態での失点が続いた気がします。

逆にバイエルンの失点は、マークが間に合わない状態での失点でしたので、改善の余地があるかなと思います。
今期は、ロッベンが周りを活かすプレーをしている感じがしますね。3点目のシーンなどは、
去年だったら間違いなく、カットインからシュートを打っていたんじゃないかな?

とはいえ、まだセカンドレグがあるので気が抜けません。
頑張れバイエルン!

ロッベン、代表に感謝でクラブに不満


-------------------------------------------------------------------------------
 6日に行われたイタリア代表との国際親善試合に45分間出場したオランダ代表MFアリエン・ロッベンが、ルイス・ファン・ハール監督に感謝の言葉を残した。

 所属するバイエルン・ミュンヘンで負傷により約2カ月戦列離脱していたロッベンは、「起用してくれた監督に感謝したい」と笑顔を浮かべ、次のように続けた。

 「信頼をしてくれる監督の下でやるのは、本当に気分が良い。監督は常にサポートしてくれた」

 一方、ブンデスリーガでベンチ要員に降格していることについて、同選手は「自分のクラブではほとんどプレーしていない。不満な状況だ」と話した。

 これに対して、バイエルンのユップ・ハインケス監督は、「プレーしないたびに怒るのは意味がないこと」とドイツ『ビルト』にコメント。ロッベンの発言を気にしていない様子だ。
-------------------------------------------------------------------------------
おいおい、ついにロッベンが不満を言い始めましたか。怪我明けってこともあるけども、やはりチームのために貢献度っていうとミュラーのほうが高いですね。もちろんロッベンのドリブル突破はワールドクラスですし、それに助けられた試合も多いです。ただ、やはり周りの選手を活かすタイプのプレーヤーではないなあと私は思います。そこが監督が求めるものと違ってるのかなと思いますね。
この様子だと、今夏に移籍のニュースが飛び交いそうですね。貢献している選手だけに残留してほしいけど、悩ましいところですね。

バイエルン退団を示唆するペテルセン、「ペップの下でチャンスはないだろう」


バイエルン退団を示唆するペテルセン、「ペップの下でチャンスはないだろう」
----------------------------------------------------------------------------------
 ブレーメンFWニルス・ペテルセンは、ジョゼップ・グアルディオラ氏のバイエルン・ミュンヘン新監督就任で、完全移籍でバイエルンを離れることになると考えているようだ。
 バイエルンからブレーメンにレンタル移籍中のペテルセンは、今シーズンのブンデスリーガで9ゴールを決めている。しかし、夏にバイエルンを離れる可能性を示唆した。
 ドイツ『ビルト』にペテルセンは、「ペップ・グアルディオラにとって、ペテルセンは最も重要な選
手じゃない。ただマティアス・ザマーSD(スポーツディレクター)とコンタクトを取っている。今の3人のストライカー(マリオ・ゴメス、マリオ・マンジュ
キッチ、クラウディオ・ピサーロ)が残るなら、ミュンヘンにいる意味はない」と語っている。
 「ここで気持ちよくやれているし、ここで何を持っているか理解している。重要な存在だと感じられているよ」

----------------------------------------------------------------------------------
うーん、確かにぺテルセンが、バイエルンに戻ってもレギュラー確保は厳しいかもしれないですね。
今年は、マンジュキッチが大活躍しているので、マリオ・ゴメスもレギュラー確保できてないしなあ。
まあ、ゴメスは手術を受けたってのもあるのですが、マンジュキッチのスタートダッシュがすごかった。

昔からのファンとしては、できれば今季にCL優勝とリーグ優勝の2冠を達成してほしいなあ。
来期からベップが監督として指揮を執ります。ここ数年リーグ優勝からも遠ざかってるけど、
現時点でかなりバイエルンは、強くなってます。
ハインケス監督になってからのクロースの成長ぶりが著しいですからね^^

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。